平安典礼平安閣グループ
 平安典礼 
TOP平安典礼の想いご葬儀の流れ各種サービス施設案内会社概要Q&Aアクセスマップ
典礼湯灌(ゆかん)
私達にとってお風呂とは、肉体的にまた精神的な疲れを癒すことができる生活習慣として永く愛されてきました。世界でもこんなにお風呂を好むのは日本人だけだとか。
湯灌の儀式には、亡くなられた方が来世に導かれるために現世の汚れを洗い清めるという意味と、赤ちゃんが産まれたとき産湯につかるように、新たに生まれ変わるために、という願いが込められています。
亡くなられた方にとっても、一生の仕事を終えた最期の儀式としてお体を清めて差し上げるのは何より喜ばれるのではないでしょうか。
平安典礼では、専門スタッフが真心を込めて丁寧に、大切な故人の入浴をお手伝いさせていただきます。

ご家族の皆様方に、足の方からゆっくりとかけて頂きます。
当スタッフによりご遺体をきれいに洗います。
洗ったご遺体をきれいに拭きます。
お布団に横たえ、来世への旅立ちの準備を整えます。
お顔が映えるように綿飾り(平安典礼オリジナル)をいたします。白または薄桃色の綿をお顔の周りに敷き並べていきます。                
最後に、ご家族様に*散華(さんげ)をしていただきます。
*散華・・・仏を供養するために花を撒くこと。元来はハスの花びらをはじめとする生花が使われていたが、最近ではハスの形を模った色紙を代用することが多い。紀元前のインドではハスは聖なる花として称えられており、花びらを撒くことでその場を清めるという意味がある。




他社では体験できないオリジナルサービスで、ご家族の方からも大変喜ばれています。
湯灌の方が、すべて手で綺麗にされているのを見てびっくりしました。私達家族になり代わって洗っていただき、母も喜んでいると思います。

母の化粧をしている姿を初めて見ました。本当に安らかな顔をしておりました。
お湯灌の儀は3ヶ月入院していた父には気持ちが良かったと思う。
けがをしていて傷があったのですが、綺麗に処置していただき感謝しています。
髭剃りをしていただき、爪まで切ってもらいました。会葬の人から「綺麗なお顔をされていますね」と言われて、家族としてはとても嬉しかったです。

平安典礼(せとうち葬祭)
岩国市・大竹市
TEL:0827-22-7913
柳井市・大島郡
TEL:0820-23-2960
 
Copyright(C)2007 Heian Tenrei All Rights Reserved. 画像及び文章の無断転載・無断引用・販売等は固くお断りします。
Supporting by Crouton Co., Ltd.